Cana's lifestyle

Cana's lifestyle 365

Cana's lifestyle

"Up to you" -「自分次第」

こんにちは〜はっはは!

8月が終わったと思ったら、9月が終わりそうだなんて...

毎回ブログの冒頭で時の流れの早さに驚いていますが、私は本当に心の底から時の流れの早さに驚いています。だって、冷静に考えても... 普通に早さ半端なくない?(笑)

でも時が流れるのが早いってことは、それだけ人生が満たされているということだと思います。
逆に嫌なことや好きでないことをやっている時間はカタツムリスピードで過ぎて、「うわ、まだこんな時間なの?」と思ったことは皆さん一度はあるのではないでしょうか。

私はキャリアでいうと、今、エキサイティングな会社で、優秀な同僚と、心からパッションを注げる仕事をさせてもらっています。(勿論、ここまで来るのにもか〜なり悩んだし、時間がかかりましたけどね。)新しい人と出会い、新しいことを学び、新しい発見をし、新しい失敗をする毎日は刺激的で、出社したと思ったら退社時間になっていることもしばしばです。

またプライベートでは、都内に引っ越して、独り暮らしを始め、自転車も購入し、雨ニモマケズ、風ニモマケズ、夏ノ暑サニモマケズ(もう秋だけど言わせて)丈夫ナカラダヲモチ、毎日高級車並みのスピードで乗り回しています(笑)
そして、休日は行きたいところに行きまくり、会いたい人に会いまくり、やりたいことをやりたい放題にやりまくっています(笑)

今年になってから思っていた「やりたいこと」は1つずつながら、何気に全部やっちゃっているんです!
今日はこの「やりたいことをやる」について、もう少しDeep dive(掘り下げ)したいんですが、
1. 皆さんは「やりたいこと」はありますか?
2. その「やりたいこと」とはなんですか?
3.そして「やりたいこと」をしてますか?

SNSで既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、私は最近「Calligraphy(カリグラフィー)」を学び始めました。
「え、何で急にカリグラフィー?」と思う方も多いと思いますが、カリグラフィーはかれこれ5年程前からずーっと学びたいと思いつつも、なかなか一歩を踏み込めていなかった領域で、想いだけひとり歩きして、いつしかそのひとり歩きも足踏みに変わってしまっていました。

そんな私が今回カリグラフィーを始めるきっかけになったのはひょんなことからで、先日の家族会で「やっぱりカリグラフィーをやりたいんだよね」と家族に話すと母が「あら、やだっ!実は私も一週間前からまたやり始めたのよ。にひっ」と徐に20年前のMyカリグラフィーグッズを取り出してきたのを見て、私は冷静に「こんなにやりたいと思っていたはずなのに、一体私は今まで何をやってきたんだ!負けてらんないじゃないか!」と思ったことでした。そもそも競争することじゃ全くないんだけど、つい小さい時からの癖で興味のあることには昔から物凄い競争心が芽生えて、また今回は競争相手?が母となると何が何でも絶対に負けられなくて...(笑)

やると決めたら早いです。もうガンガン進むだけ!(笑)
私はいつも新しく何かを学ぶ時はしっかりと基礎から学びたいと思うタイプなので、今月からは本格的に都内の専門学校の週末コースにも通いながら、毎日起きて朝の15分は必ず練習してから仕事に行くようにしています。

もちろん始めたばかりで全然上手くできないのだけれど、カリグラフィーが楽しくて仕方がなくて、どんなに仕事が忙しくても毎日数分だけでも早朝や寝る前にもペンを握ってひたすら練習の日々を送っていて、それが最高に幸せです。

既にカリグラフィーは私にとって「自分と向き合う時間」を与えてくれる大切な存在になっていて、字を書いている時は時間も悩みも何もかも忘れて没頭できるし、心を落ち着かせて精神を集中させてくれる一種の「瞑想」になっています。

f:id:canaevangeline:20170924135940j:image

f:id:canaevangeline:20170924140107j:image
こんな好きになるなら何でもっと早くカリグラフィーを始めなかったんだろうと思ったりもするけど、結果的に今始めたことがベストのタイミングとご縁だったのだと思います。

f:id:canaevangeline:20170924201352j:image

先日飛び入り参加したPeter(@letter_boy)のワークショップでも新たな出会いと学びがありました。

以前ブログでも紹介したことのある、作家:有川真由美さんの本でも最も好きな著書「やりたいことは、今すぐにやれ!」の中でも特に印象に残っている言葉で、

f:id:canaevangeline:20170924140807j:image

"「やりたいことなら、やればいいでしょう!」と、実現するのが当然のように、「今すぐに」取り組んだ人だけが、思った以上に簡単に、思った以上に速く、思った以上にすばらしい未来を手に入れることができるのです。

「やりたいことを、今すぐにする」……それは、自分を幸せにする習慣でもあります。

まわりに流されるのではなく、自分のこころに忠実に生きることで、あなたは、一つひとつの思いを叶え、たくさんの喜びと自信を積み重ねて、自分自身を生きていると実感できるようになるでしょう。"

とありますが、本当に心底からその通りだと思いました。

有川さんのいう通り、キーワードの2点である「1. やりたいこと」を「2. 今すぐ」始めることで、今よりももっと幸せになれるし、自分の想像してたよりも遥か遠くに自分を連れて行ってくれるんだなぁとつくづく実感しました。まさに「思い立ったが吉日」なんですね。

ま、そ〜んな感じで、今日もカリグラフィーの練習をしていたら1日が終わりました。

あと、早速ですが、インスタグラムでカリグラフィーワーク専用のアカウント作りました。

www.instagram.com

で、やっているので暇だったらちょろっとフォローして下さいな。

 

先日、先生からカリグラフィーは1週間に10時間やるよりも、1日に5分でも10分でもいいからペンを握り練習することが何よりも大切だということを教えてもらったので、このアカウントでは、1日1回の投稿を目標にしたいと思っています。

数ヶ月後とか1年後とかに振り返った時に、カリグラフィースキルがかなり上達していることを夢見て.... 

では、おやすみなさい。

「好奇心」は全ての始まり

Buonasera! Come stai? (こんばんは!お元気ですか?)

あ、すみません。イタリア帰りなもので、ついつい挨拶がイタリア語になってしまいました。笑
イタリアから帰って来たと思ったら、日本は相変わらず雨でジメジメしていて、もう夜は肌寒いし、何よりもあっさりと夏が終わっていたことに驚きました。
涼しくなると過ごしやすいけれど、何か少し寂しさを感じるのは私だけでしょう... か。

ところで、皆さんは「好奇心」をどれだけ持っていますか?

私は好奇心の塊というか、好奇心しかないというか、兎に角、好奇心山盛り人間です。
「あれやってみたい」「ここ行ってみたい」「この人に会ってみたい」「こうなりたい」など... その数は計り知れず。
よく言えば、好奇心旺盛ガール! 悪く言えば、欲張り注意散漫ガール!でございます。爆

人によっては「そんな好奇心がない」とか「そんな簡単に新しいことはできない」とか「時間がない」とか言っている方もいますが(類は友を呼ぶので、私の近い周りの人にはかなり少ないタイプですが。笑)毎回それって本当でしょうか?と疑問に思うんです。
なぜなら「好奇心」って、人それぞれ違くて、誰かと比べるものでもなく、大小や良い悪いは関係ないと思うからです。

私は日頃の生活でも、オシャレなブティックを見つけたら必ず入り、美味しそうなレストランを見つけたら次の休日に食べに行きます。これも「好奇心」からの行動なのだと思います。

また話が書きたかったことからズレてしまったんだけど、

今回、ブログを通して皆さんに紹介したかったのは...
Airbnb の 新しいサービス Experience(体験)です!

Airbnbの体験では、今までにもこれからも出会うことがないような、全世界から選ばれた何かの分野に秀でたその道のプロ・エキスパートが企画・提供する体験に参加することができます。

私も先日プライベートで「1 Day Drawing Tokyo」と「Enoshima SUP」という体験に参加して来ましたので、その時の感想と写真をちょこっと載せますね。  

1 Day Dwawing Tokyo

ホストはスペイン人のLuisとオーストラリア人のAdrianで、二人とも日本で活躍するイラストレーター。私はちゃんと絵を描くのは小学生ぶりくらいな上に、高校でも選択授業で美術を選択するも母親に評価対象作品を描いてもらう(今だから言えること)という始末だったのだけれど、持ち前の好奇心旺盛さが今になってイラストに芽生え(笑)、飛び入り参加して来ました。ただ絵を描くといっても、人間の顔を描く、身体を描く、物体を描くのでは、ペンを置くタッチや色の持ってき方などコツは数えきれなくらいあって、気がついたらあっという間に5時間が経っていました。

f:id:canaevangeline:20170903013644j:image

(私の... 顔w)

f:id:canaevangeline:20170903013736j:image

f:id:canaevangeline:20170903013807j:image

(顎が出すぎだよ!と言われて、修正した感バレバレですが、お気に入りの一枚。笑)

Enoshima SUP

ホストはイギリス人のSteveとアメリカ人のDylanで、二人とも「ザ・海の男」。笑
日本でも最近流行り始めたSUP(Stand Up Paddle)を江ノ島で体験してきました。
体験は全て英語で行われてたこともあったのか、何度も自分が日本にいることを忘れて、丸焦げに焼けてることなんて気がつかないくらい小学生のようにマリンスポーツの楽しさに没頭した1日でした。そして、海の男達はワイルドでした。

f:id:canaevangeline:20170903013512j:image

f:id:canaevangeline:20170903013431j:image

私がこの2つの体験を通して再確信したのは、全ての始まりは「好奇心」がくれると言うことです。
「やりたい」「行きたい」「会いたい」「学びたい」という、この「好奇心」があったから、出会えなかったであろう人達とこうして出会えて、経験することのなかったであろう経験ができて、永遠に知らなかったであろう世界を知れて、何よりも知る由もなかったであろう新たな自分を発見することができました。

このブログの投稿が、少しでも誰かにとって何かに対する「好奇心」が湧くきっかけとなれば嬉しく思うし、Airbnbの体験(世界日本(東京大阪))が皆さんの数々の秘めた「好奇心」を実行に移せる"きっかけプロバイドの場"になれば、最高だな〜なんて思っています。

「〜したい」というただ純粋な好奇心が湧いた時がその人にとって何かを始める・行動するのに一番いいタイミングなのだと思います。

最後にちょこっと宣伝にはなりますが「OOについては私に任せなさい!」「OOに対する情熱は誰にも負けない!」など、その道を極めた方で、Airbnbの体験をホスティング(提供)することに興味がある人がいましたら、気軽に連絡下さい。

私の所属するフィットネスコミュニティ: SOGO Fitnessの創設者でもあり、良き友のMaha(Fitness Queenもフィットネスエキスパートとして、大活躍してくれています!

f:id:canaevangeline:20170903202017p:plain

そんなところで、時差ボケがまだ治らなくて眠くないけど、地道に羊ちゃんを数えながら寝ようと思います。

では、Buonanotte! (おやすみなさい!)

 Xoxo

「選択の自由」と「人との繋がり」

皆さん、ご無沙汰しております〜!!!

海外出張、仕事での新しいプロジェクトの任務、引っ越し...と、自分の中でもここ数ヶ月はかなりバタバタ(いつもだけど)していて、全然ブログが書けずにいました。

先日、知人の紹介でお会いした方々に「ブログ読んでます〜」とか「最近ブログ更新しないですね〜」とか言われて(笑)、こんな私のくだらないブログでも読んでくれている人がいることにかなり驚きつつ、素直に喜びを感じました。ありがとうございます!

いつも書きたいことは山盛りなんだけど、なかなか頭の整理がつかなかったり、考えを文章に書き起こすのに時間がかかって、結局ブログに書き残せず流れてしまっているんですが、これからは世の中に2〜3人いるであろう読書さんと、自分の為(記録)に地道にブログ更新... 頑張ります(次の更新は3ヶ月後かな。笑)

ところで話は変わりますが、
突然ですが、皆さんは人生について悩んでますか?笑
私は毎日頭が禿げそうなくらい、今後の人生について悩みまくっています。

ただなんとなく過ごしていると忘れがちですが、朝何を食べるか、週末どこへ行くか、何を勉強するか、誰をパートナーとして選ぶか、何(仕事)をするか… 私たちは毎日果てしない数の選択に迫られて人生を過ごしています。

その時の自分の感情、タイミング、ご縁で選択することも多々ありますが、全て引っくるめて今の自分は、今までの自分の選んできた選択の結果だと思うんです。 

大学時代にアメリカに留学し、そのまま新卒の就職先をアメリカで決めたと思ったらあっさり1年で辞めて日本に帰国、その後は実家のクリニックを手伝う為に医療事務の学校へ行きながら働き、カナダへ教職を取りに帰ろうと思い準備をしていたら、今の会社の同僚(その日ディナーで初めて会った人)に誘われ、日本に残り外資ITスタートアップ企業で働くことにまぁ、予想もしませんでしたよね。
しかも、この全てが過去5年間の出来事とは思えない。… もうバッタバタしてる。笑

渦中にいる時には分からないことも多いけど、今思うとこうした過去のどの選択どれ一つをとっても、その時の自分にとって一番最適な選択で、あの選択があったら今があるのだと思います。

私がアメリカの大学へ留学ができたのも、アメリカで新卒での就職ができたのも、医療の仕事に就けたのも、今こうして時代の最先端を切り開くエキサイティングな会社で、最高な同僚たちと仕事ができるのも、全て「人との繋がり」のおかげなんです。

自分は「こうしたい」「こうなりたい」「これが欲しい」と思って行動していると、どこからともなく自然と助けてくれる人が現れて、自分一人じゃどうにもならないことが一気に現実になっちゃうんですね。ま、あとは「タイミング」と「ご縁」と「運」ですかね。笑 

私は「コネ」という言葉は好きじゃないけれど、「コネクション」という言葉は好きで、私が今までもこれからも常に大切にしていきたいと思うのが、この「コネクション(人との繋がり)」です。

私は人間としてのレベルはまだ米粒だけれども、私が今まで周りの人に助けてもらったり、アドバイスしてもらえたように、私も少しずつ周りの人に同じ恩返しができたらな~と思っています。因みに、私の勉強している Institute of Integrative Nutrition では、このことを「Ripple Effect」と呼んでいて、人の繋がりや、物事の連鎖はどんどん大きくなっていくという考えは健在するようです。素敵ですよね。 

と、毎回話したいことがありすぎて、だんだんとメイントピックからブログの内容がズレてきてしまうのですが、 

今回、ブログを私が伝えたかったことは、私も毎日これからの人生について悩んでますよ~ということ(笑)と、私が人生のバイブルとして愛読し続けている本の紹介です。
 
私は作家:有川真由美(ありかわ まゆみ)さんの本が大好きで、その中でも特に「遠回りがいちばん遠くまで行ける(幻冬社)」は、3年前に出会ってから、私の人生のバイブルとして数え切れない程繰り返し読み返している一冊です。

f:id:canaevangeline:20170824080609j:image

有川さん自身、50もの職業経験を持ち、40カ国以上を旅しながら「自分らしく生きる」方法を模索し発信し続けている、もの凄いパワーの持ち主です。

ご縁があり、今でも一愛読者として仲良くして頂けている事に感謝です。

ちょっと人生に行き詰まったと思っている人も、これから新しいことをしたいけど踏ん切りがつかないと思っている人も、もちろん今の生活に大満足な人も、どんな状況にいる人でも共感できて、読んだ後には自然と心のモヤモヤが晴れて、ポジティブになれること間違いなしの一冊です。特に悩める女性に是非読んで欲しい本です。

今もイタリアに向かう飛行機の中でこの本を再度読み終え、う~、やっぱり人生悩む~!と一人でニヤニヤしてますが、人生長いようで短いので、これをいい機にこれからの人生について改めて考え直すとします。


では、また気分が乗ったらブログ書きますね。


とりあえず、デザインとファッションの発信地、イタリア・ミラノを満喫して来ます。
 
Ciao!
Cana

「農業」はじめました。

こんにちは〜!!!

天気がいいだけで最高に幸せです。

今月は1ヶ月の間に3ヶ国(日本・カナダ・シンガポール)も飛び回っていた為、5月の記憶がほとんどありません。

大人になるにつれてどんどん時の流れが早くなっている気がして、本当にここ過去5年くらいあまり記憶にないんだよね。... それ程充実していたってことですかね!?(ただ単に記憶力がやばいのだと思います。涙)

話は変わりまして... 

そうです、表題通り、私 ... 「農業」はじめました!!!

"The 都会っ子" に見られがちな私ですが、子供の頃から田舎も好きで(特に日本の)農業はずっと前から興味のあった分野だったのですが、なかなか手が出せずにいました。

また今年に入ってからはホリスティック栄養学を学び始めたこともあり「自分の口に入れるものの原点」を知りたいと強く思うようになりました。

そんな時、会社の福利厚生 #EatWell (過去の関連記事はこちら:「好きなことをやれ - やることを好きになれ」 - Cana's lifestyle)フードプログラムでいつも大変お世話になっているオーガニックカフェ Forest(フォレスト) のオーナー佐野さんからお声かけ頂き、今回農家の石井宏治さんが運営するオーガニックネットワーク「はたけ部」へ新入部員として、参加する機会を頂きました。

都心から車で2時間ほどで山梨県小淵沢に到着。

都心から2時間だとは思えないほど、見渡す限り「畑・畑・畑」の大自然!!!

農業のエキスパート石井さんから前回の部活動の際に植えたお野菜の現状や説明を教えてもらったあと、今回の部活動で植えるお野菜の説明・豆知識・注意点を聞き、早速農作業スタート!

今回は前回植えたジャガイモ畑を再度耕したり、新たにトマト・とうもろこし・ルッコラ・小松菜・玉ねぎ・小ねぎ・とうがらし等、合計10種類以上のお野菜を植えました。

f:id:canaevangeline:20170522102803j:image

f:id:canaevangeline:20170522102654j:image

f:id:canaevangeline:20170522102715j:image

f:id:canaevangeline:20170522102720j:image

f:id:canaevangeline:20170522102833j:image

f:id:canaevangeline:20170522102838j:image

f:id:canaevangeline:20170522102852j:image

f:id:canaevangeline:20170522102950j:image

お野菜を植えるだけでなく、はたけを鍬で耕したり、じょうろでお水をあげたり、ビニールを敷いたり、何でも即実践型で、皆で協力しながらする農作業は最高に楽しかったです。

今回の農業体験を通して、

空気に触れ、野菜に触れ、虫に触れ、土に触れ... 

自分の何気なく「美味しい〜!」と言っていた食べ物が、本当に色々な人の想いや愛情を受けて私の元(身体)へやってきてくれたんだと思うと、一人ジーンっと感動してしまいました。

今日も人との繋がり、新たな学びに心から感謝です。

ありがとうございます!!!

農業に興味のある方、是非連絡下さい。私達と一緒に楽しく農業やりましょう!!!

オーガニックネットワーク「はたけ部」:

社会人のためのわりと本気な部活動「はたけ部」オーガニックネットワーク

 農家の石井さんの元で栽培された新鮮なお野菜を使ったオーガニック料理が食べられる

五反田にあるオーガニックカフェ Forest(フォレスト):

http://forest.fem.jp

PS. 大自然の青空の下の元でのピクニックは言葉では言い表せないので、是非体験して下さい。

私のこれでもか!っていうほどの愛情を注いで植えたルッコラちゃん、元気にすくすく育ちますように。笑

これであなたも「痩せる」かも!?

いや〜、やっぱり春の気候が大好き!
朝、カーテンをサーッ!と開けた時の小鳥のさえずり+ちょっとひんやりした空気がたまらない... のは、絶対に私だけじゃないはず!

只今、シンガポールへ向かう機内から更新です。

だんだんブログの更新が機内での暇つぶしになってる感じですが、移動時間も貴重なので最大限に有効活用します(笑)

私の勉強しているIIN(Institute for Integrative Nutrition)では、毎週月曜日(日本時間では火曜日)に新しいモジュールが公開されて、1週間の間に自分の都合の合う時に授業を受けていくというスタイルなので、仕事や学校や家事などで、忙しくて特定の時間に授業を受けられないという人にはピッタリなのです!!!...と、言っても現実はそう甘くなく、1モジュールに組み込まれている授業内容をこなすのには大体6-8時間かかるので、平日週5で働いてる私にとってはなかなかハードなもの正直なところなのです。
その週のモジュールが終わらないままどんどん次の週の新しいモジュールが公開され、ヤバいヤバいといつも授業のキャッチアップに追われるという生活を送っています。
私はそこまで器用な人間ではないので、出来れば「一回に一個の事を集中してこなし、一個終わったら次に取り掛かる」のが理想なのですが、やりたい事を全部やる!と欲張ったせいででそんな訳には行かず、現在仕事と学校とプライベートがごちゃごちゃになって完全に「out of balance」状態。
専攻分野が「ホリスティック栄養学」ということもあって、将来ヘルスコーチとして活躍する為の準備段階として、ここで「自分のタイムマネージメント力」も試されているようでなりません。... 普通にやばいっす(笑)

Anyways, 今日は学校の授業で「痩せる」為の新たな知識を学んだので共有したいと思います。

日本人はとても外見に対する意識が高く、基本的に細身の人が多く、私の周りにもウエストがペットボトルみたいにとんでもなく細く(所謂、くびれってやつ?)ナイスバディな人達が沢山います。けれど、それでも更に「痩せたい」という声をよく聞くから驚き。正直、私からすれば、これ以上痩せたら消えちゃうんじゃない?って感じですが、本人達から(特に女性多数)すると「痩せること」は人生をかけた一大事なようです。

今回「Nutritious Life」の Keri Glassmanさん(http://nutritiouslife.com)から、痩せて体系を維持する「Sustainable Weight Loss」を実行するには「食事」だけでなく、8つの柱から成る「behavior (態度)」が重要であることを学びました。

その8つの柱とは...

1. Drink Up(水を飲もう)
2. Sleep Deep (深く寝ろう)
3. Sweat Often (頻繁に汗をかこう)
4. Stress Less (ストレスを減らそう)
5. Live Consciously (意識して生活しよう)
6. Eat Empowered (食べる権利を持とう)
7. Love More (もっと愛そう)
8. Nurture Yourself(自分を労わろう)

Drink Up(水を飲もう)
人間の身体は50-75%以上水で出来ていて、このパーセンテージは年とともに減少する。
平均して1日に摂取するべきとされる水分量は女性で2ℓ・男性で3ℓです。皆さん、ちゃんとお水を飲んでます?
実際に肥満の人が3ヶ月間毎食前に水をコップ2杯飲んだだけで、5パウンド(2キロ強)もの減量に成功したという例もあります。

f:id:canaevangeline:20170508012708j:image

写真はオーガニックスーパー「Whole Foods」で販売していたお水、その名も「Happy Water」(カナダ限定商品)

水なので味はないけど、軟水で凄く飲みやすかったよ。

Sleep Deep (深く寝ろう)
どれだけ寝るか、どれだけ深い(クオリティの高い)睡眠取るかであなたの生活の質が変わるのです。
基本的には人間は7-8時間の睡眠が推奨されており、6時間の睡眠で23%・5時間の睡眠で50%・4時間の睡眠では73%も肥満になるリスクが増すというから驚きですね。

Sweat Often (頻繁に汗をかこう)
運動をするとカロリーを消費できるだけでなく、エンドロフィンがリリースされ、気持ちが晴れやかになり、更に仕事へのモチベーションが増し、仕事の効率も上がるというトリプル作用!
大切なのは「痩せる」を目標に運動するのではなく、個々の「運動に対する」の目標を目指すこと。3回しかできなかった腕立て伏せが5回出来た時は感動ものです。

Stress Less (ストレスを減らそう)
ストレスが増加すると、ホルモンバランスが崩れる為、食欲を異常増加させる → 身体が異常に炭水化物を求める → 増量 という悪循環に。
1日に8分間でいいので、座って目をつぶり静かに瞑想し、8秒間のカウントに合わせて呼吸をすることで心を落ち着かせることが大切がストレスを低減させるステップ1。

Live Consciously (意識して生活しよう)
あなたの生きる周りの環境が、あなたの精神的・肉体的な健康に大きく関わっているのです。
オフィス環境を整えたり、冷蔵庫を綺麗にしたり、部屋に観葉植物を設置することで室内環境をリフレッシュしたり。自分が気持ちよく過ごせる環境を整えましょう!

f:id:canaevangeline:20170508012739j:image

写真は、母から送られてきた実家のキッチン。
まさに「Live Consciously」を実現していて、見ているだけで気分が上がります。

Eat Empowered (食べる権利を持とう)
身体にいいものを摂取すると、肌の改善や減量だけでなく、モチベーションが増した状態を維持できる。自分の口に入れるものを考えて「身体に良いものを食べている」ことこそ自体があなたをハッピーにもさせます!

Love More (もっと愛そう)
平均して約30分の1度のセックスで消費されるカロリーはなんと、200カロリーだそうです。
セックスはカロリーを消費するだけでなく、別名「Love Hormone」のオキシトシンが分泌されるので、絆が深まり、パートナーとより良い関係を築けて一石二鳥。

(日本ではこういう性の視点からみた栄養学的考え方はあまり教えてくれないけど、欧米の学校の授業では性と栄養学は親密に結びついていることをよく学びます。文化の違いも面白いですね。)

Nurture Yourself(自分を労わろう)
日頃、頑張っている自分を褒めてますか?
いくら周りの人から認めてもらい褒められても、自分が自分を褒めてあげることがなかったら、自分だっていつか燃焼してしまいますよ。マッサージ受ける、バブルバスに入る、ネイルサロンに行く等、何でもいいので自分に合った方法で自分を労わってあげて下さい。

以上、簡単ではありますが、
Keri Glassmanさんの考案する「Sustainable Weight Loss」を実行する為の8つの柱から成る「behavior (態度)」を紹介しました。いかがでしたでしょうか(^^)?

まぁ、簡単に言うと、痩せたいなら摂取する食べ物のカロリーとかに固執するのではなく、私生活を改善してバランスよく痩せようぜ!ってことですね。(こんな一行でまとめられちゃうと、一生懸命上記につらつら書いたことが虚しいね。笑)

そんなこんなで、シンガポールチャンギ空港に着きましたので、この辺で。

f:id:canaevangeline:20170508075122j:image

PS. 最近どハマりしている「ウクレレ」を持ってきたら、親に出張にウクレレ持って行く人はあなたくらいだと言われました(笑)

#間違いない #そもそも出張に行く格好ではない

では〜

自分探しの旅 in カナダ

カナダから、こんにちは〜!!!

1週間の休暇を使って、6年ぶりに生まれ故郷であるカナダへ帰省して参りました〜!!!
今回(いつも?)完全にノープランで行ったので、暇つぶしがてらカナダからブログを更新しよ〜っと!なんて思っていましたが、滞在中毎日朝6時に起きて深夜に帰宅するというまさかのハードスケジュールになり、只今帰りの飛行機の中からブログ更新中です(笑)

始めに「ん?こいつ故郷カナダなの?」と思った人もいるかと思いますが、私は純血の日本人、カナダ(トロント)で生まれました。そして、カナダで生まれたから「Cana」と名付けられた(マジで)冗談のような人間なのです。
この世に存在する前から「カナダで女の子を産んで、Canaちゃんと名づけるの!」という母の強い希望とプレッシャーをかけられ、生まれて参りました(笑)

と、かなりどうでもいい話が長くなってしまいましたが、今回カナダに帰った理由はただ1つ。「自分探し」の為です。

日本に住み、仕事をして、大切な家族・友人・同僚達に囲まれ、日々楽しく、健康に、沢山の幸せ感じながらも、いつもどこかで「何か」が違っていて、「何か」が足りない、そんな漠然とした空虚感を感じていて...

病んでいる訳では全くなくて、むしろこれからの為に今ここで「自分と向き合い、自分をちゃんと理解してあげられる環境」を作ってあげたいなって思っていた時、ちょうど自分の誕生日も同じ時期(会社から誕生日休暇をもらえるという最高すぎる福利厚生に感謝!)に重なっていたので、もうこの絶好のチャンスを逃すまいと急遽帰省を決めたのです。

滞在期間はたったの5日間でしたが、結論から言うと、言葉では説明出来ないほど本当に最高な一人旅になりました。

東京はいつも流行の最先端、何でも手に入りエネルギッシュで、凄くパワーのある街だけど私にはoverwhelmingな時も多くて、特に新宿とかにいると人の多さやめまぐるしさでいっぱいいっぱいになっちゃって、突然大声で泣きたくなる時があるくらい。← 結構ヤバい人みたい(笑)

今回、カナダの美しく壮大な大自然の中で、フレッシュな空気を吸って、一人で山や湖の辺りに座って何時間も「自分と向き合う時間」を持つ... こんな贅沢ってあるんだって心底思いました。

f:id:canaevangeline:20170430155050j:imageStanley Park (スタンレーパーク)

f:id:canaevangeline:20170430155133j:image

Capilano Suspention Bridge (キャピラノ吊り橋)

f:id:canaevangeline:20170430155408j:image

f:id:canaevangeline:20170430155308j:image

f:id:canaevangeline:20170430155513j:image

Victoria (ビクトリア)

f:id:canaevangeline:20170430155646j:image

f:id:canaevangeline:20170430155604j:image

Whistler(ウィスラー)


写真からですら大自然のフレッシュな空気の美味しさが伝わってきますよね。(... ね!?)

皆さんは定期的に「自分と向き合う時間」をちゃんと作れていますか?
私は今回カナダへ行って、大自然と触れ合うことで「自分と向き合う時間」を確保しましたが、ヨガをする、瞑想する、ハイキングをする、どんな方法でもいいので自分のスタイルに合わせて一度一人でじっくり「自分の為だけに時間を作ってあげる」ことを強くお勧めします。
私は忙しい、私は強いから大丈夫、と思う人こそ。

因みに今回の旅の目的だった「自分探し」ですが...
ちゃんと探せた気がします。(笑)
人生の中で大きな決断をするにあたり、繰り返しこの選択が間違っていないのか、これからどういう人生を送りたいのかを自分に問いかけ、答えが見つかった気がします。
27歳の誕生日を迎える前に、ちゃんと自分を探せて良かったです。これでまた更に一歩前に進めそう!!!

ま、そんなところで、もっと書きたいことはあるのだけど、今回はこの辺で。

カナダ・バンクーバーについて等、知りたいことがあったらいつでもコメント下さい。
私が分かる・知ってることであれば、何でもお答えします!

カナダのオーガニックスーパーでの購入品、ホリスティック栄養学の専門大学のオープンキャンパスへ参加した感想についてなどはまた別途ブログに更新するつもりなので、お楽しみに。

PS. 写真はちょうど27年前に家族で行った、ビクトリア。27年前と今の私を同じアングルで撮ってみました。笑

f:id:canaevangeline:20170430155840j:image

1990年 生後2ヶ月

f:id:canaevangeline:20170430155900j:image

2017年 生後27年

Thank you Canada for always being my "home" :) xo

「カシコイ」お金の使い方

こんばんは。

週の始めにして、考える事はただ1つ。

そう、それは... 週末の予定 (笑)

来週から生まれ故郷のカナダに帰りますので、それだけを楽しみにこの1週間を生き延びようと思います。 

今日は最近私が注目しているニューヨーク在住のインフルエンサー Candice Kumai (キャンディス・クマイ)さんを紹介したいと思います。

彼女はシェフであり、料理本のベストセラーでもあり、題の通りまさに、 "The golden girl of wellness" な、スーパーウーマンなのです!!!

そんな彼女が自身のブログで簡単に作れるヘルシーな抹茶のお菓子の作り方を紹介していて、すっごく美味しそうだったので、私も作ってみました。 

作り方は本当に簡単で(笑) 

所要時間

15分間  

材料

・ココナッツオイル

・ライスクリスピー(私は代わりにチアシードとココナッツピール入りのオーガニックグラノーラを使用)

・マシュマロ

・抹茶パウダー

・チョコレート(私は95%のダークチョコレートを使用)

 f:id:canaevangeline:20170418205943j:image

詳しいレシピは、下記リンクをチェックしてね!

Check out the recipe >> matcha rice krispie treats - Candice Kumai 

そして、完成品がこちら!!!

じゃんじゃんじゃ〜〜〜〜〜〜〜〜んっ!!!

f:id:canaevangeline:20170417214642j:image

余分な糖分を加えなくても、グラノーラに入っているココナッツピールやマシュマロが甘みを出してくれるので、抹茶とダークチョコレートの苦味との絶妙なバランスがなかなかグーッ!!!でした。
 

砂糖ってコカインの7倍も依存性があるらしく、

知らず識らずのうちに1日で平均してティースプーン22杯分も砂糖を摂取していると考えると...

そりゃ痩せないわけです(笑)

砂糖って気をつけてないとどこにでも潜伏していて、かなり恐ろしいもの。

昨日出先で小腹が空いたので、近くのコンビニに行ったんだけど、手にとった「ヘルシー」「オーガニック」「グルテンフリー」とうたっている商品の裏のラベルを見返えしたら愕然。

商品の全てに「砂糖(白砂糖)」が入っていて、現在、シュガーフリー(ハチミツ、デーツ、フルーツの果糖はOKにしてます。)を心かけている私には食べる物がなかったことは言うまでもなく、結局炭酸水を買って空腹を一時誤魔化すハメに(笑)

まぁ、あまりストイックになりすぎると「食べたいのに食べれない」ことがストレスに繋がったりして、それはそれで心が健康でなくなり逆効果なので、どこまで「制限」をかけるかは自分次第で全然いいと思うけどね。

大切なのは、"You Are What You Eat" (あなたはあなたの食べたもので作られている)ということを忘れないことかと思います。

 忙しい毎日を過ごしていると、気軽に買えてサクッと食べれるものに頼りがちだけど、一時的な空腹を満たす事と、これから死ぬまで一生付き合って行く自分の身体の声を聞きながら必要なものを必要な時に、必要な分だけ、身体に入れる事とでは、5年後、10年後の結果が大幅に変わってきます。

「オーガニックは高い」という人がいるけれど、その「高い」は、作り手の想いや苦労、オーガニックの食べ物が身体に与える効果などを知らないから言えること。
日頃から多少お値段が高くても身体にいいもの、美味しいものを食べて、健康で居続けるのと、安い手軽さを求め続けたが為に気がついた頃には時すでに遅し。身体はボロボロで、結局何倍よりも「高い」医療費を払うことになってしまう... のとは、どちらがカシコイお金の使い方なのでしょうか?

お金の使い方も、モノの価値観も人それぞれだけど、いつまでも健康な身体でやりたい事がやりたい時にできる環境を作る為には「カシコイ」お金の使い方をしなくちゃなって思っています。

話は少々ズレてしまいましたが、

今回ご紹介した Candiceさんは自身のウェブサイトを通して、様々な角度から「ライフスタイル」について学ばさせくれる、私のロールモデルの一人です。

まだ会ったことはないけれど(会うこと前提)、とても魅力的な人なので、興味があれば是非チェックしてね。

candicekumai.com

では、次回はカナダからブログ更新できたらと思います。 

 PS. インスタグラムで Candiceさんに向けて「素敵なレシピを共有してくれてありがとう!」と言ったら、な、な、なんと返事をくれました。とーっても、うれてぃ〜!!!!! 

f:id:canaevangeline:20170418212746j:image